無計画且つ意思の疎通が図れない医師は失敗する典型



医師免許を取得していたとしても、医師ごとに診療スキルに差があるように、開業医としての能力にも当然個人差が出てくるもの。
また、それらは決して共通してはいません。
つまり、優秀な医師が優秀な開業医に必ずしもなれるとは限らないのです。

自ら医療施設を構え、そこを経営していくということは、医師としての能力とともに経営者としての能力も求められることになります。
これらを兼ね備えていなければ、独立しても成功することはできないでしょう。

開業医として失敗してしまう医師の特徴として、コミュニケーション能力不足が挙げられるのではないでしょうか。
患者とのやり取りが上手ではない、看護師やその他スタッフと意思の疎通が図れない、そのような医師は信頼関係も築けないため、患者を十分に確保することが難しいはずです。
スタッフも次々と入れ替わってしまえば独自のカラーが出せず、やはり患者を逃すことに繋がってしまうでしょう。

マネジメント能力の欠如、これも開業医として大成しない医師に見られる傾向の一つ。
経営者なわけですから、スタッフの扱いやお金の使い方、集患計画や経営プランなど、マネジメントに関わるスキルや意識が当然求められてきます。
この能力がなければ、最初のうちはいいかもしれませんが、徐々に利益が出せなくなり、やがて診療所やクリニックを畳まざるを得なくなるでしょう。

  利益第一主義の経営も失敗の元



医師の転職として独立し開業医となることを目指す理由の一つに、「自由に診療を行いたいから」と考える医師は多く、がんじがらめの組織で働くことの多い勤務医であったことを考えれば、こうした理由で独立することも理解はできます。

しかし、この「自由に診療を行いたい」、「自らの裁量で仕事がしたい」という考え方だけが先行し、それが独断的な経営へと繋がってしまえば、おそらくその先に待っているのは深刻な患者離れなのではないでしょうか。

独断的な人は、お金に執着する傾向もあります
これも医療施設を経営するにあたり、しばしば邪魔になってしまう思考です。
医師は決してボランティアではありませんし、利益を追求しなければ経営を継続できないわけですから、売り上げを上げるために独自性を出したり趣向を凝らすというのは当然必要になってくることでしょう。

しかし、利益第一主義、売上至上主義となりお金に執着してしまうと、点数を稼ごうと本来必要のない診療を行うことも増えてきてしまいます。
患者に不安を煽ることで不必要な来院をさせる、必要以上の薬剤を出す、こうしたことに繋がる可能性も否定はできません。

もしそれに違和感を覚えた患者がいれば、そのような医療施設や医師からは次第に足が遠のくことでしょう。
疑問を持ったスタッフも離れてしまうかもしれません。
やはり、長い目で見れば経営危機に陥るリスクが高まることになるわけです。

何のために独立開業するのかを、改めて考え直さなければいけません。
患者を救いたい、社会・地域貢献がしたい、一番の思いや目的がこうしたものであれば、開業医となっても成功することができるのではないでしょうか。