開業医が逃れられないリスクとは



医師の転職の方向性として人気の高い開業。
医師ならば、これを一つの夢と捉え、そこに向かって日々精を出している人もいるかもしれません。

しかし、夢を叶えるというのは簡単ではないことも知っておくべきでしょう。
開業医は確かに稼げるイメージがあるかもしれませんが、現実はそう甘くはないのです。

独立した後、その医師がどうしても逃れられないリスクがあります。
その一つは、経営責任です。
開業医は自ら診療所やクリニックを構えるため、その医療施設の運営の責任を一手に背負うことになります。
それは決して軽いものではないはず。

もし医療事故や医療ミスがあれば、それは経営者の責任として追求されますし、即廃業へと繋がるケースもあるでしょう。
自らのミスではなく従業員が同様のことを起こしたとしても経営者本人が責任を取らなければなりません。
それが経営責任というもの。

そして、資金負担も大きなリスクの一つとなります。
病院経営は多額の資金が必要となり、開業資金のみならず運営資金も常に投入していかなければいけません。
もし患者が集まらなければ、さらなる借金を重ねつつその状況を乗り越える必要があるのです。

  経営が軌道に乗るまでには大きな苦労も



資金負担と経営者としての責任、これがダブルで襲いかかってくるのは開業医の宿命でしょう。
それを乗り切らなければならないわけですが、そのためには患者数の確保が不可欠となってきます。

そもそも、医療施設を構えたからといって、その周辺の人たちが必ず利用してくれると安易に考えてはいけません。
近年、患者側もネットなどの情報媒体を駆使し病院や診療所を慎重に選ぶようになってきています。
新しくでき、まだ評判も伝わってこない診療所に足を運びたいと考える人は、そう多くはありません。

もし患者数の確保がままならなければ、上で述べたようなお金の面での負担や経営の責任がさらに一層重くのしかかることになるでしょう。
自身が開業後、仮に近くに別の医療施設ができれば、そこに患者を取られてしまう可能性もあります。
常にそのようなリスクと隣り合わせであることも理解しておく必要があるのです。

経営が軌道に乗るまでには一定の時間がかかり、それまでには集患をはじめ経営の工夫も求められ、相当の苦労を味わうはず。
その覚悟がなければ、独立開業という道は選べないのかもしれません。
開業医になれば楽に稼げ、勤務医時代よりも収入を増やせるだろうなどと考えてはいけないのです。