医師が独立するのに適した年齢とは



医師の転職の方向性として、「独立開業する」という形もあるのかもしれません。
携わっている専門分野によって自身の院を構えるかどうか、その意識は変わってくるでしょうが、医師としての経験をある程度重ねることで、自らの裁量によって診療を行いたいと強く願う人が出てくるのは自然なことでしょう。

ただ、独立するタイミングは慎重に見極めなければいけません。
開業医となることがキャリアの成功と直結するのであれば、医師免許を獲得後すぐに独り立ちすればいいはず。
そのような医師はまずいないことからも、ある程度の経験を経てからでないと自身の診療所等を構え運営していくのは難しいことがうかがえます。
言い換えれば、開業するのに適したタイミングは、キャリアを積んだ年齢と言えるのではないでしょうか。

参考までに開業する医師の平均年齢を見てみると、大体40歳を超えたあたりというデータがあります。
歯科医師に限っては30代前半と若い傾向があるものの、それ以外の分野は40歳前後が独立の決意をし実際に動き出すタイミングの相場となっているようです。

  開業を目指す医師が知っておくべきポイント



勤務医、特に大学病院に勤める医師や公立病院で地方公務員として働いている医師の場合には65歳で定年退職を迎えることになります。
定年を迎えても非常勤という形で残り働き続けることも可能ではありますが、定年制度が適用されることは間違いありません。

開業医となることのメリットと言っていいかはさまざまな意見があり、また、医師によって見解が異なるところではあるものの、自身で自由に定年を決められる点に一つの魅力があるとは言えそうです。

65歳という年齢を迎えてもまだまだ働きたい、実際に頭も体も元気である、そんな医師にとっては定年を決められる裁量すらも自らの手中にあると考えれば、ここに独立した甲斐を感じられるのかもしれません。

ただ、ここには注意点もあります。
引退後の資金について考えておく必要があるのです。
どこかしらの病院に勤めている医師であれば、定年退職する際には退職金が支払われます。
それに加えて定年後は年金も毎年支給されるでしょう。

一方で、独立し自ら診療所を経営している医師の場合、退職金を受け取ることができません。
年金は加入しているはずなので受け取ることが可能ですが、その額は決して大きくはないはず。

つまり、引退後の資金は開業後に得たお金を頼りにせざるを得ず、長期的な計画と綿密な将来設計を立てた上で独立する必要があるのです。

勤務医から開業医になると収入はどう変わるのか

  平均収入には歴然の差がある開業医と勤務医



開業医を目指す医師が気にせざるを得ないことの中に、収入や年収というお金に関することがあるはずです。
病院に勤務するよりも多くの収入が得られると考え独立を選択する医師も少なくないはずですが、実際にはどうなのでしょうか。

民間給与実態調査によると、平均年収を比較した時には、開業医の方が勤務医よりも多くの収入を受け取っているようです。
勤務医の場合、年収の平均額はおおよそ1,500万円。
これが高いかどうかは置いておきますが、このくらいが相場となっています。

一方の開業医の年収の平均額は2,500万円前後と言われており、その差は歴然。
1年の収入で1,000万円ほどの差があると考えれば、多くの医師が開業へと動き出すのも無理はないのかもしれません。

目を向けなければならないのは、あくまでもこれらの数字が平均の年収額である点です。
20代の医師はいますが、20代で独立開業している医師はほとんどいません。
30代の開業医もごく少数でしょう。

しかし、勤務医の収入の平均額には20代の研修医やまだまだ給与額が上がり切っていない30代の医師も含まれているため、それが開業医との年収の差になっていることも押さえておくべきです。

  そもそも考え方が異なる開業医と勤務医の収入



年収や収入という言葉を使い、少し具体的な平均額も提示しながら開業医と勤務医の違いについて説明してきましたが、そもそもこの両者では収入の仕組みや考え方が異なります。
医師の転職を考え、選択肢に独立開業があるのであれば、この点も合わせて押さえておきましょう。

病院に勤務している医師の場合は給与収入であり、それは病院側から支給されることになります。
一方開業医は自らが診療所等を経営しているわけですから、事業収入を得ているという形になるわけです。

勤務医ですと税金の一部や保険料等が引かれた形で給与が支給され、その中からさらに税金が引かれはするものの、手取りはある程度残すことができるでしょう。
しかし、開業医は税金以外にも、クリニック等の経営にかかる借入金の返済や人件費、消耗品や家賃等の経費を売り上げから支払う必要があるため、手取りで見れば勤務医よりも少なくなるケースも珍しくないのが現状です。

言い換えれば、給与収入はある程度安定してはいますが、事業収入は経営状況次第で大幅に変化し、開業直後は赤字が続く可能性も否定はできないということ。
このような違いと現実があると理解した上で、開業を目指すべきかどうかの判断をする必要があります。

  将来の独立開業に向けて転職した医師の体験談

39歳・男性(総合診療科)
医局からクリニックへ転職

40歳を目前に将来について考えた結果、独立開業を目指すことを視野に入れた転職をすることにしました。
しばらく働いた医局を飛び出しクリニックへと転職することにしたのですが、とてもいい選択であったと感じています。

私の転職が成功した理由を分析してみると
・転職の目的が明確になっていたこと
・転職エージェントにその目的も含め包み隠さず話したこと
・全ての決断を早めたこと
・将来開業するにあたって開業しやすい科目、ニーズが高い科目を選択したこと
などが挙げられるでしょう。

あくまでも自己分析ではありますが、丁寧さと思い切りの両方を意識した結果であることは間違いありません。
特に、いつまでに独立するのか、どのようなキャリアを目指すのかは明確に整理しました。

それを元に転職エージェントに相談したところ(私が利用したのは「医師転職ドットコム」という医師専門の求人サイトです)、経験も豊富で独自の価値観を持った医師が開き成功しているクリニックを紹介してもらうことができたわけです。

条件等はもちろんですが、何よりも私の目的や価値観にフォーカスして非公開求人の中から紹介していただけたので、この点はさすが転職エージェントだなと感心した次第。
加えて、転職のタイミング等の調整にも手を貸していただけたおかげで、ブランクなく新しいクリニックへと移ることができました。

転職後も全く不満はありません。
エージェントから聞いていた話との相違点もなく、覚悟していた収入ダウンもありませんでした。
これ以上の転職は望めないと思っているほどです。

クリニックでの勤務経験を活かし、独立開業に向けて日々努力していきたいと思っています。